FF14のオススメマウスはG600で決定 慣れない方へのコツも

マウスG600

スポンサーリンク

こんにちは、Draです。

本日はFF14で使っているマウスを紹介したいと思います。

FF14のマウスはG600が最強

具体的にはG600です。知っている方は知っているかと思います。

なんとサイドボタンが12個あります。これがFF14で「イイ」。

実際のUIレイアウトと併せて紹介します。

まず私の画面スクショです。

ボタンの配列は3×4を4つ置いています。

こうすることで、なんとG600のサイドバーと全く同じ配列になるんですね。
非常にわかりやすい。

12×1を複数行並べている方が多いですが、G600であれば3×4がベストだと思います。またSHIFTキーやALTキーは上記のように割り振っています。

CTRLは実際にはキーボード側では押していません。G600には左クリック、右クリック、さらに画像の赤丸のように、右右クリックみたいな場所があるのですが、そこにCTRLを振っています。これで、キーボード側でShiftとCTRLの誤爆は無くなります。

一般的にはAltの方が良いかもしれませんね。でも私はAltに関しては別対策を行っているので、別記事で紹介します。

私の竜騎士のキーボードのショートカットコンセプトについては

  • 普通の攻撃は数字キー
  • 竜騎士のnon-GCD攻撃はSHIFT
  • 適当なデバフや、上記スペースに入らないスキルをALT
  • たまにしか使わないバフはCTRL

という感じで割り振っています。
これはあくまで私の考え方なので、下記で書くコツも頭に置きつつ、各ジョブでコンセプトを練ればよいかと思います。

しかしアームズレングスなどは失敗すると痛い目みるので、他ジョブでも同じ場所に設定するのをおすすめします。

UIレイアウトはこんな感じです

本記事とずれるので解説はしませんが、参考にどうぞ。

G600は慣れが必要

多分今までキーボードの数字を押していた方や、中には一部ボタンはマウスで直接クリックしていたという方もいます。

そういった方にとってはG600みたいな大量のサイドボタンを捌ききれるのか、という懸念があるでしょう。

私も最初はひぃひぃ言っていましたが、練習で慣れました。木人殴りましょう。

とは言っても慣れでカバーできる部分は限界があります。ボタンの捌き方については、ある程度最適化した方が良いです。下記にコツを書いていきます。

G600を運用するコツ

基本方針は「G600に縛られない」です。せっかく買ったんだから有効活用しなくちゃ!という考えはわかるのですが、結果不便になったら本末転倒です。適宜使い分けましょう。

サイドボタンの移動は最小限にする

いろいろ試したのですが、サイドボタンの忙しさは抑えて、ShiftキーやAltキーを活用してショートカットを切り替える方が楽です。

基本スキル回しの方針はG9→G10→G11のように連続にしてください。そしてSHIFTやALTなどのショートカットキーを活用し、その移動が最小限になるようにしましょう。

その方が親指が迷いません。

実際の今の私のスキル回し例だと、

Shift+G9ボタン→G9ボタン →Shift+G10ボタン→Shift+G11ボタン→G10ボタン。。。

という感じになります。

こうすることで親指の移動が極力少なくて済みます。
もちろん、クールタイムの影響で綺麗に決まるのは最初だけなんですが、しかし一番忙しい最初の場面こそ効率化するべきでしょう。

ちなみにGCDとnon-GCDを連続に配置すると悲惨なことになります。non-GCDはクールタイムがありますから

G9(GCD)→G10(non-GCD)→G11(GCD) としていた場合、G10のクールタイムがあると

G9→G11 と穴あき状態で、遠い位置まで親指を運ぶ必要があり、疲れます。
とはいえここはジョブによって考えが異なるかもしれません。試してみてください。

スキルルートによっては、同じスキルを複数配置する

竜騎士の場合、

  • トゥルースラスト→ディゼムボウル→桜華狂咲
  • トゥルースラスト→ボーパルスラスト→フルスラスト

といった形で、トゥルースラストを起点に2コンボルートがあります。
こういったコンボの場合、各コンボルート用にトゥルースラストを複数配置した方が、押すサイドボタンが連続になるため楽になります。

ちなみに私のコンボルートはこんな順番になっています。「竜尾大車輪」と「竜牙竜爪」はコンボルートによって押す順番が変わるのですが、なるべく流れるように配置しています。赤い線の順番と、黄色い線2ルートですね。

押しにくいボタンはスパッと諦めて使わない

「12個もサイドボタンがあるから全部活用しなくちゃ!」

なんてA型思考は捨てましょう。

思い出して欲しいのですが、FF14はPS4の様なコントローラでも最適化出来るようにスキルが設定されています。あまりにもスキルが多かったら、PS4勢がプレイ出来ないですよね?

そのため、どのジョブでも「割り振らなければならないスキル数」には上限があります。G600で対応可能なスキル数は、サイドバー12個+SHIFT、ALT、CTRLのショートカット全部で48個、同時押しを活用すればもっと可能ですが、そんなに必要ないのです。

私の場合、手は大きい方なせいか、一番下の行は押しづらいです。

そういった押しづらいボタンは極力使わない方が良いでしょう。

私の場合は全体攻撃(ID、エキルレ用)と、スペース的にどうしても入らないスキルを置くくらいしか設定してません。

サイドボタンは3×4ですが、3×3として運用していく感じですね。

こればっかりは自分の手の相性とよく相談する必要があります。
共通して言えるのは、無理はしなくてOKです。SHIFTやALTを活用しましょう。

キーボードのボタンにもスキルを割り振る

全部のスキルをサイドキーに集中させるのはオススメしません。

例えば私はスキルの「イルーシブジャンプ」はQキーに設定しています。
こういった「咄嗟に出した方が良い」スキルは、「ALT+サイドボタン」などで混乱するよりかは、キーボード一発の方が相性がいいです。零式だと「スプリント」も相性はいい部類です。

具体的には、Q、E、R、F、Cあたりが使いやすいです。FPSのショートカットでよく使われるキーですね。

このように、適宜キーボードにスキルを割り振った方が使いやすいケースもあるので、是非そうしましょう。

以上です。G600が気になっている方、イマイチ慣れない方は参考にしてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です